第2種貸与奨学金(有利子)の利率が上昇傾向

米国の金融引き締めの流れを受けて、日本の市場でも金利が少しずつ上昇傾向にあります。住宅ローンを変動金利で借りている人は、より実感しているのではないでしょうか。日本学生支援機構の第2種貸与奨学金(有利子)の利率も例外ではありません。市場環境に合わせる形で、上昇傾向です。2022年3月に卒業し同月まで第2種貸与奨学金(有利子)を利用していた学生は、想定以上に高い利率になったかもしれません。

2021年度の貸与利率

7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
利率固定方式 0.161 0.164 0.268 0.268 0.268 0.268 0.268 0.369 0.369
利率見直方式 0.002 0.002 0.003 0.004 0.004 0.002 0.006 0.040 0.040

在学中の一定時期まで「利率方式の選択」を見直すことができます。2023年3月に卒業予定の学生は、

①自分の利率選択方式は 「固定方式 or  見直し方式」のどちらなのか確認しましょう。確認方法は「貸与額通知」です。毎年12月~3月にスカラネットパーソナル(インターネット)から確認できます。

②金利水準をにらみながら、変更の場合は在籍する学生課(奨学金の窓口に)に申し出る。

※各学校によってスケジュールは違いますが、夏休み明けくらいまでに手続きすることが望ましいようです。

卒業後は、長く返済でお付き合いしていかなくてはいけない奨学金です。この辺りも気にしておきたいポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。