「お金」についての教育は、従来は家庭で行われるものという共通認識がありました。しかし、成人年齢が20歳から18歳にの引き下げられることに伴い、早い段階から金融に慣れ親しんでおく必要が求められています。

  • 収入の範囲内で生活する
  • 契約する行為が身近になり、個人の責任がより重くなる

この2点を中心に、金融とそれを取り巻く環境について学生・生徒のみなさんにメッセージを伝えていきます。